日本駐車場開発の株価は冴えないが優待が到着

日本駐車場開発の株価は冴えないが優待が到着

やっちゃんパパです。すっかり涼しくなってきましたね。

冬の到来も近づく、10月末、保有銘柄のひとつ日本駐車場開発から1000株以上の保有者向けに、株主優待が届きました。

Advertisement

なんてことない冊子に見えますし、都心にあるバカ高い駐車場の30%割引券とか使う予定もないですけど、冬山が好きなひとにとっては利用価値の高い割引券がついてます。

日本駐車場開発の傘下である日本スキー場開発の保有するスキー場の「リフト利用割引券」です。

リフト割引券とかコンビニとかでゲットできるでしょ?と思うかもしれませんが、さすがにこの優待は巷で簡単に入手できるレベルの割引は超えています。

例えば、竜王スキーパーク50%割引、川場スキー場は2000円割引となっています。ただ、ここら辺のスキー場は割引チケットが入手しやすいところでもあります。

目玉は、HAKUBA VALLEY(白馬八方尾根、白馬岩岳、栂池高原、鹿島槍)の割引です。あまり、割引券が出回らないスキー場ですし、栂池高原は一日券が50%割引と相当お得です。

チケットは3枚あり、同時に5名まで利用できます。

そして、スキー場帰りの楽しみである温泉の割引チケットもついて至れり尽くせりです。

これらの優待目当てもあり、この株は保有しています。

アジアの国々の所得向上により、ウィンタースポーツに適した降雪がある日本のインバウンド需要は伸びていくと考えていますが、いかんせん日本人でスキースノーボードをやる若者は減っていますよね。

上記のスキー場に行かれる方は、株価的にはお買い得水準だと思いますので、購入を検討してみてはいかがでしょう?今なら16万円ほどで優待ゲットできます。

ちなみに、ヤフオクではこの冊子2000円くらいが相場みたいですね。優待のために株主になるのは微妙でしょうか。。。

Advertisement

日本駐車場開発について書いた記事はこちらから↓


サラリーマンの投資ブログにご興味のある方はこちらから

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ