【ストップ高】ミサワの話 「おっさんじゃない目線で株を買ってみた」

【ストップ高】ミサワの話 「おっさんじゃない目線で株を買ってみた」

やっちゃんパパです。

unico(ウニコ)ご存じですか?

2019年9月現在、このブログの読者の中心は仕事に疲れたおっさんサラリーマンの皆様だと勝手に思っています。なじみがない方も多いかも。。。

ちなみに、30後半のおっさんであるボクは結婚するまで知りませんでした。

Advertisement

ミサワは何やってる会社?

unicoは、若い女性やおしゃれ男子に人気な家具や生活雑貨を販売する「ライフスタイルショップ」です。

ミサワはその運営会社であり、地獄のミサワとは関係ありません。

「肩の力を抜いた自分らしい暮らしの提案」をコンセプトに、事業展開をしていて、現在直営店としてスタイルショップ「unico」とカーテンなどのファブリックを中心とした「unico loom」計53店舗を運営中です。

unico 企業情報より

このおしゃれな装いからもわかるように、20~30代の女性をメインターゲットにしているとのことです。実際、ママの友達は家のカーテンをunicoで揃えているとのことです。

価格帯は、ニトリと比較して高めだけど、大塚家具ほどではないという感じでしょうか。

ミサワ(3169)の株価情報(2019年9月13日現在)

株価:520円
PER:10.56倍
PBR:2.36倍
予想配当利回り:0.96%

株価は2015年に最高値をつけてから、下落し、最近は400円から500円のレンジを行き来していましたが、9月12日に発表された決算発表を好感して、翌日はストップ高となり株価520円となっています。

2020年1月期上期の決算内容

20年1月期上期(2-7月)の連結経常利益は前年同期比2.5倍の5億円に急拡大して、従来予想の2.3億円を上回りました。

家具・インテリアで新シリーズの販売が伸びたほか、従来の人気シリーズは在庫管理の適正化で欠品が減少したとのこと。

円高によって海外からの仕入れの採算が改善し、広告宣伝費を抑制も利益拡大につながりました。

業績好調に伴い、通期の経常利益を49.5%上方修正し、増益率は5.3%→57.4%増に拡大する見通しとなり、予想PERが8.9倍に低下し、割安感が強まりました。

現在は、予想PER10.6倍となっています。

ミサワの株主優待は?

対象となる株主

毎年1月31日現在の当社株主名簿に記載又は記録された300株以上を保有、もしくは100株以上を3年以上保有

優待内容(平成31年1月期)

特定の品目の中から優待品を選択
・unico オリジナル株主様限定タオルセット
・unico オリジナル株主様限定ペアグラス
・unico オリジナル株主様限定パスタセット

タオルセットの例

優待品は5000円相当の品ですので、100株保有の株主の場合、優待利回り10%程度になります。長期保有するとお得な株ですね。

なぜ「ミサワ」を買ったか?

もともとunicoをボクは知らなかったのですが、ママは結婚当初からショッピングのたびに、異様にunicoに立ち寄りたがりました。そして、我が家にもunicoのおしゃれライトが導入されました。

改めて女性に人気なんだなぁと実感し、女性目線の投資をしてみようと決意した次第です。

同じような株に100円ショップ「セリア」もありますよね。店内見てびっくりするのですが、8割方は女性客です。「セリア」が10倍株となったのは有名ですよね。

unicoも女性に人気で、ボクとしては価格帯がやや強気かなぁとも感じるのですが、未婚既婚にかかわらず、働く女性が増えていくと需要は高まるのではないかと感じました。

しかし、今回のストップ高で売却してしまいました。。。

前日に決算を見て、ストップ高にはならないくらいかなと思っていたので、売れなくてもという気持ちで520円で指値注文していたところ、予想に反して売れてしまいました。

よかったのか悪かったのかは、未来にならないとわかりませんが、ひとまず利益を確定してよしとします。

Advertisement

まとめ

「ミサワ」は、 20~30代女性に人気な家具や生活雑貨を販売するスタイルショップ「unico」を運営する会社です。

競合する価格帯、コンセプトの家具店があまりないので、これからも伸びは期待できると思っています。

ただ、今回この株を売却した理由に、業績が為替の影響を大いに受けるという点もあります。長期的には円安に向かうとボクは予想しているので、円高で利益が上がる輸入産業にはマイナスですよね。

前期、円高にふれたら、仕込んでみるというのもありかもしれませんね。


記事楽しめましたらぜひ応援ください。更新の活力になります!

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ