ジュニアNISA口座を楽天証券からSBI証券に変更【手続きなど】

ジュニアNISA口座を楽天証券からSBI証券に変更【手続きなど】

やっちゃんパパです。

Advertisement

ジュニアNISAについては、楽天証券とSBI証券でできることに微妙に差があります。

SBI証券では、海外ETF、海外株式の買い付けが可能ですが、楽天証券ではできないというのが一番大きな違いになります。

ジュニアNISAには楽天VTIなどのインデックス投資が王道だとは思いますが、米国株式で成長株に長期投資してみたいという欲求がボクにはありました。

楽天証券にジュニアNISA口座を開設した後で米国株が買えないことに気づいて、急遽SBI証券に口座変更しました。もし、同様の方がいらっしゃった際の備忘録として今回は記しておきます。

マニアックですみません。

楽天証券のジュニアNISA口座解約

まず、ジュニアNISAでは金融機関の変更ができませんので、いったん口座を閉鎖してから再度開設する必要があります。

楽天証券には、他の金融機関からの移動についてはQ&Aがあるのですが、自社からの移動についてはお知らせがありません。。。

結論から言うと、電話で問い合わせないと先に進むことができませんでした。ボクはまず、お問合せフォームからジュニアNISA口座の変更について必要な手続きを教えてくれるように連絡しましたが、一週間後くらいに電話じゃないと受け付けられないとの連絡がきました。

電話では、本人確認(親権者、子ども、それぞれの口座に関わる情報)をした後に、ジュニアNISA口座のみを廃止することを伝えたら、必要書類を送付するとのことでした。

後日、届いた書類に記入、親権者と子どもの本人確認書類を同封、返送して2週間くらいしたら口座廃止のお知らせと「未成年者口座廃止通知書 」が届きました。

ここまでで、1か月ほどです。

SBI証券にジュニアNISA口座を開設

今度は、SBI証券にジュニアNISA口座を開設です。こちらは、特段問題なく通常の手続きに沿って行いました。特に、廃止した口座の有無による案内はありませんでしたが、 「未成年者口座廃止通知書 」 を同封して手続き書類を送ったところ、3週間後くらいに、ジュニアNISA口座が開設されていました。

その際、最初の口座開設のお知らせは来ましたが、ジュニアNISAの口座開設については、お知らせありませんでした。

大体全部で、2か月くらい見といた方がいいかもしれません。

Advertisement

雑感

今年も終わりが見えてきて、今からジュニアNISA枠として80万円どこに投資しようか非常に悩みどころです。米国株はやや高めなので、米国株指数連動の投資信託のみではなく、当初の目的通り株価下落しているアマゾンいってみようと思っています。


サラリーマンの投資ブログにご興味のある方はこちらから

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ