キャッシュレス決済の使い分けにやや疲れを感じてきました

キャッシュレス決済の使い分けにやや疲れを感じてきました

やっちゃんパパです。

ついに消費税が増税されましたね。まだ、あまりお店で買い物していないので10%をまだ実感していません。

Advertisement

キャッシュレス決済戦国時代

ただ、非常に仕組みが複雑です。色々なキャッシュレス決済の手段で、店舗ごとの申請による国からポイント還元とキャッシュレス決済独自のポイント還元が入り混じっています。

増税前に各社の取り込み合戦により、様々な特典が入り混じりよくわからないことになっていました。

一番お得なのはなにか?店によって調べていくと大変で、時間単価的には割に合わなそうです。

ボクは普段からキャッシュレス決済をしているので、5%還元の恩恵はできるだけ得たいと思っています。この5%還元、よくよく考えると税込み価格に5%の還元なので5.5%還元ってことで合ってるでしょうか?

つまり、増税前と比較して、3.5%お得という計算になるのでしょうか?

Al-Creditなるアプリまで登場

最近、AI-Creditという、決済サービスとお店の検索ができる「キャッシュレスマップ」アプリが配信され、興味本位でインストールしてみました。

お店で使えるカードや○○ペイの種類など色々出てきて、楽しいのですがこのアプリで店を選ぶことはないかなぁという感じでした。情報量が多すぎて、ボクはちょっと疲れてしまいそうです。

最高の還元率を目指したい方や興味ある方はぜひインストールしてみてください。

やっちゃんパパのキャッシュレス決済

ボクの基本スタンスは、楽天ペイが使えれば基本的には楽天ペイで支払い。駅ではモバイルSuica、その他paypayとクレジットカードを併用という感じです。

手間なくお得にいければいいかなというスタンスです。

カード型のSuicaの還元率が0.5%に対して、モバイルSuicaは2%と電車に乗るだけで変わってくるので使わない手はないですよね。一回登録すれば、恩恵にあずかれるので、手間に対して効果は高いと思います。

雑感

皆さんは「還元率の高い決済手段を探す派」でしょうか?「めんどいから交通系ICだけでいいや派」でしょうか?会社の同僚は後者が多かったです。

最近、印象的だったのが、野党の政治家が駅前で、「キャッシュレス決済でポイント還元など高齢者に負担を強いて、現金しか使えない人を困らせており、政府はけしからん!」という演説をしていたことです。

政府の狙い通り、「キャッシュレスは半強制的に浸透するし、現金しか使えない人からは税金を多めにいただきますよ。」という事態になっています。政府の政策を褒めている気がするのはボクだけでしょうか?

最近珍しく、若者優遇の政策が展開されているなぁと感じた次第です。

Advertisement

ポイント還元に関する記事です。


サラリーマンの投資ブログにご興味のある方はこちらから

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ